ぶらぶら城下町あるき。。。

あんじゅ

-
『炭鍋と豆富料理 前蔵』の予約時間までには
かなり早く到着してしまったので城下町の散策
姫路城の北東に位置する「野里地区」は
今も町家、神社仏閣等の遺構が多く残っている地域で
虫籠窓の残る町家などが点在しています。
ぶらぶら城下町あるき。。。
明珍火箸本舗



チョット前に野里地区は、BS朝日の
八嶋智人さん、牧瀬里穂さんがパーソナリティを務める「百年名家」って番組で
紹介されたようですね。
ぶらぶら城下町あるき。。。



ぶらぶら城下町あるき。。。
右下は国産藍(あい)にこだわり、昔ながらの技法で藍染めを行っている魚橋呉服店。



シャッターのおりてる店舗も多いのですが
老舗だけでなく、お洒落なお店も増えてるようです。
cafe&dishEASE(カフェ&ディッシュイーズ) 中国料理 紅鶴(べにづる) 
フラワーショップ モブス(MOBBS)
黒田官兵衛が登場する書籍が自由に読めるブックカフェ「くろかんカフェ」
ぶらぶら城下町あるき。。。



こちらは野里地区の中でも代表的な町家
元禄時代から「鍋市」の屋号で鋳物屋を営んでいた「大野家住宅」です。
町家ならではの特徴の虫籠窓(むしこまど)がステキですね。
ぶらぶら城下町あるき。。。



仕出し料理の尾張屋
ぶらぶら城下町あるき。。。
現在、軒先にアサガオを植えたり風鈴を飾ったり
「花と音のあるまちづくり」に取り組んでいるそうです。




ぶらぶら城下町あるき。。。



日本工科大学校・建築職人マイスター専攻科の学生さんたちが改修中の芥田家向家
散策中に偶然、環境建設工学科の森本先生に遭遇出来て
特別に中を拝見させていただきました。
お忙しいのに、ありがとうございましたm(__)m
ぶらぶら城下町あるき。。。



この壁はこのまま残してほしいなぁ。。
ぶらぶら城下町あるき。。。


ゆっくり歩くと、もっといろいろ出逢えそう
姫路城だけじゃなく、城下町にも足を伸ばしてほしいです



都合によりしばらくコメント欄を閉じさせていただきます。
サイドバーの“おきてがみ”クリックしていただくと、
足跡&コメントが残せますので
後ほど訪問&応援にお邪魔させていただきます。
どうぞよろしくお願いしますm(__)m
今日も最後まで読んで頂き、ホントにありがとうございます。
ポチッとしていただけるととっても嬉しいです♪

                                  
   にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ   blogramで人気ブログを分析



関連記事
Posted byあんじゅ