天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

あんじゅ

-
『ちょい蕎麦庵(ちょいそばあん)』で美味しいお蕎麦をいただいて向かった先は

瀬戸内市立美術館で開催中の『金澤翔子展』

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館
ちぃちゃめな画像はクリックしてくださったら大きくなります。
天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館  天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

ダウン症の女流書家として知られる金澤翔子さんの、未公開の新作を含む展覧会です。翔子さんは、1985年6月東京都に生まれ、すぐにダウン症と診断され ます。しかし、5歳のときから母・泰子さんに師事し、数多くの力作によって鑑賞者を魅了してきました。その活躍は全国に広がり、2006年には鎌倉建長寺 に額装「慈悲」を奉納、2011年には京都建仁寺に屏風の大作「風神雷神」を奉納しています。(瀬戸内市立美術館HPより)

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

東日本大震災直後福島に訪れた時、涙を流して書いた「平和の祈り」

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館  天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館  

新作11点を含む19点を展示中

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館  天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

翔子さんの雅号は金澤小蘭。。20歳を期に開いた、初の個展「翔子書の世界」を開催して以来、彼女の生み出す書は、多くの人に感動を与えています。大河ドラマ「平清盛」の題字を揮毫、奈良の東大寺や宮島の厳島神社などで書を奉納するなど、全国各地を会場に、その世界を広めています。今、日本で最も注目を集める書家であり、私たちに生きる勇気と優しさを教えてくれるアーティストです。

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

美術館で素晴らしい書を拝見した後、お隣の公民館で行われた

『金澤翔子 席上揮毫&金澤泰子トークショー』

300名限定の事前予約制でした。

翔子さんは揮毫の前に必ず手を合わるそうです。

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

背丈よりも大きな紙に力強く『感謝』という文字を揮毫されました。

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

集中して書かれているのに会場は凄く和やかな雰囲気

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

揮毫前に脱がれた靴も一緒に記念撮影

「皆さんに元気になってほしい」と思いを込められたそうです。

天使の女流書家 金澤翔子展 瀬戸内市立美術館

最後に翔子さんがマイケルジャクソンの曲に合わせてダンスを披露

30分並んだ甲斐あって最前列に座ることが出来てホントに幸運でした。

笑顔の可愛い天使にパワーをいっぱいいただきましたよぉ


『瀬戸内市立美術館』  『金澤翔子展』展
2014年 4月5日(土) ~ 4月29日(火)
※「風神雷神」は4月5日(土)~13日(日)の限定公開でした。


住所;岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4911
電話;0869-34-3130
開館時間;9:00~17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日 ただし、4月28日は臨時開館
入館料;大人700円   中学生以下 無料
さん太カードで100円off




今日も最後まで読んで頂き、ホントにありがとうございます。
blogramで人気ブログを分析
足跡がわりにポチッとしてくださいね。

関連記事
Posted byあんじゅ